Feb 16, 2011

Carpe Diem


My dream at new year's night.
everything started from it.
This god-figured bizarre person (not Jesus, nor Buddha) told me
"go to Argentina".
with suspicion, I could not help my curiosity to find a meaning of this dream and bought a ticket to Cordoba and flew by myself. it was a month before I started to work in Tokyo.
The feel of the world unknown gradually becoming something you know,
The spark of the world you ever meet opens widely to strangers.
"Carpe Diem", the Latin language meaning "Live it Now".
I was young and little fragile, but certainly adorable.
loves happenings and inspirations, I am coming back to who-i-used-to-be.
Coincidentally, I found the name of the tree flower I saw in Argentina. Magnolia.

2007年の初夢。
すべてはそこから始まったのです。
不思議な神様(イエスでも釈迦でもない、神々しいひと)が告げた言葉。
「アルゼンチンへ、行きなさい」。
疑心暗鬼にも、その意味を知りたくて新社会人になる一ヶ月前に、ひとりアルゼンチンのコルドバへ飛び立ちました。
右も左も分からない、意思疎通も出来ない世界が一つ一つ自分の中に入ってくる感じ。
出会うもの全てを大切にしたくて自分を解き放つと一瞬一瞬が輝く、あの感じ。
“Carpe Diem” ラテン語で「Live it Now, 今を生きろ」 。
今から考えると、少し危なっかしくて、羨ましい。
ハプニングと思いつきの大半で生きていたあの頃のわたしが、近頃むくむくと蘇ってきています。
きのう、偶然にもアルゼンチンで咲いていた綺麗な花が、モクレンだったと知りました。




"DAY Weekend2:Things with no substitute"
2007-March-21
I have been to a weekend trip with Anke & Torsten, a german couple I met at Spanish language school in Cordoba.
The destination was 15hours bus ride Western part of Argentina, the town named Mendoza.
Argentina is the forth biggest wine producing country in the world followed after France, Italy, and Spain. and Mendoza, produces 70% of the Argentinean wine.
its north there is Aconcagua, the highest mountain in South America at 6962m along with the border to Chile.
Three of us jumped into the night bus from Cordoba, but Anke and Torsten fell sleep right after finishing a bottle of wine we bought at the bus terminal.
I was very much awake with excitement, thinking with minimal rhythms by moon, star light and darkness on the deep night road on the bus.
We woke up by being welcomed by the field-full of vine yards.
Right after dropping our baggage and had light breakfast, we head to Bodegas (=wineries) by rental bicycles. Someone told me there are 3300 Bodegas in Mendoza, we had give up (with any doubt) visiting most of them and chose several ones close by.
Cycling, tasting, cycling, tasting, and cycling under the strong beam of sunshines,
The grapes grown under this sun made such a concentrated juicy wines like prunes,
runing and toasting my throat like the heat after sun-tanning. 
I am not knowledgeable on wine, but this wine made by its delicious grapes and ice-melted water from Aconcagua was the best wine I ever tasted in my life.
i am loving it!
We kept  cycling, tasting, cycling, tasting and then finally started becoming unsteady on our bikes ;-)
(from the beginning, we knew it will happen)
So we started to take a break at the chocolate and jam factory on our way.
Then we encounter the first Japanese person in Mendoza, his name was Kazuma.
After chatting, we found out we shared so much in common; same hometown, close age and schools, the new workplace close by. and common people we know!
And he told me he is starting his new job at TV production company to be documentarist.
(I used to study documentary filming at my collage)
What a small world.
I almost believe it all happened by wine because it was just so random!
We talked about traveling, work, and films, and said good-bye to see him off leaving to Santiago, Chine next morning. His last destination after 3 month backpacking in South America.


People says the present is the accumulation of the choices you made in the past.
But It made me happy by the fact that how many insane and outrageous choices you make, 
this world will offer you meetings you meant to meet, and firm and organic ground for you to root in.
we killed more than 10cm-thick gigantic steaks (Argentina is the big beef country as you know. fearfull for all the vegetarians. i am eating steaks every single day), Malbec wine, and amazingly sweet flan (I would say it uses 5 times more sugar than the one in Japan), and we were very tipsy.
Good night today, we are going to climb Aconcagua tomorrow.


"DAY Weekend2:かけがえのないもの"
2007年3月21日
コルドバのスペイン語学校で仲良くなったドイツ人のカップル、AnkeとTorstenと小旅行にでました。
目的地はコルドバからバスで15時間。アルゼンチン西部 、チリとの国境近くにあるMendoza(メンドーサ)。
フランス、イタリア、スペインに続き世界第4位を誇るワイン生産国であるこの国アルゼンチンのおよそ 70%のワインがここで造られているのだとか。
その北部には、 南半球の最高峰アコンカグア (標高6960m)が国境をまたぐようにそびえ立つ。
3人とも心弾ませコルドバからの夜行バスに乗り込む。
しかしAnkeとTorstenは、調子づいて買ったボトルワインにあっと言う間に酔っぱらい、既に深い夢の中の様子。
私は興奮に眠りにつけず、 月と星の灯りと暗闇が織り出すミニマルなリズムに身を任せて、様々なことを考えていた。
真っ暗な平原の中、更にバスは 進む。
目が覚めると一面のぶどう畑が私たちを迎えていた。
ホステルに荷物を置いて朝食をとるとすぐに、 自転車をレンタルしてBodegas(ワイナリー、ワイン貯蔵庫)を目指した。
メンドーサには合計3300ものBodegasが存在しているらしく、
どれだけ酒飲みでもその全ては回れないと断念し(当たり前だけど)近場の数カ所を見学することにした。
かんかんと照る太陽の下、自転車をこぎこぎ。
Bodega見学をしては、ワインテイスティングに没頭する。
あっつい太陽光に熟された葡萄でできたワインはプルーンの様にとっても甘く、
日焼けした後のほてりのように、私ののどを熱く流れた。
ワインに無知な私だけれども、この地が育んだ濃厚な葡萄とアコンカグアの
雪解け水から生まれたこのワインは今までのワインのどれよりも美味しかったです。
さーいこーーー。
そして自転車こぎこぎ。次のBodegaへ。テイスティング。
それを何度か繰り返していたら、自転車の操縦がふらふらしてきた。
そもそも自転車でワイナリー見学なんていう企画することすら危険なのにね(笑)
酔った頭に一息いれるため、近くにあった家族経営のチョコレート&ジャム工場で一休み。
3人で甘いチョコに舌鼓していたら、そこにいた日本人の男の子かずま君と出会う。
話してみると年齢、出身地、小中学校もほぼ同じw大学の4年生。4月から社会人で勤務地もすぐ近く。
私の内定先の社員もよく知っているという事実も発覚。
ドキュメンタリー映画を撮りたくてテレビ局に就職きめたとも。
(注:私は大学時代ドキュメンタリー映画を勉強していました)
なんて世界は狭いんでしょう。
あまりにランダムな出会い過ぎて、全てワインの影響かと思い込んでしまいました。
旅の話、仕事の話、映画の話に盛り上がり翌日、チリのサンディアゴに旅立つ彼と別れる。
3ヶ月の南米放浪の最後の目的地だという。


現在は過去の選択の蓄積と言うけれど、どれだけ私や周囲がすっとんきょうな選択をしても、
この広い世界は、出会うべくした出会いと、根を下ろすための大地をプレゼントしてくれるのだなぁ。と嬉しくなった。
厚さ10センチ以上もあるような分厚いステーキと
(アルゼンチンは菜食主義者の恐れる牛肉大国。わたくし毎日ステーキ食べてます)
マルベックワイン、とことん甘いフラン(日本のプリンを5倍くらい砂糖多くしたもの)
に再び酔った私たちは、明日のアコンカグア登山にむけて、眠りについた。

2 comments:

shereen said...

what a heartwarming story!!! especially the last part i just found out ;)
young and fearless, follow your dream and your heart, that's living life to the fullest i believe :)

pimienta ぴみえんた said...

shereen, thank you for your comment and thank your for the last night! it was great to see you!!!
my blog has gradually becoming my autobiography book and i am very happy that you are a part of it!
hope to see you soon! xxx